うるつや肌を目指すならコラーゲンなどで内側からもケアしよう

実際にプレゼンでお伺いした肌調子が「実感ぷりハリ」なのでうるつやとはちょっと違うかもしれないのですが。

ぶっちゃけると私、コラーゲン?とかプラセンタ?のサプリメントって、実は去年まで全く信じていなかったんです。
百聞は一見に如かずといいますか、RSPの試食で初めて信頼できる製薬会社さんの美容系サプリメントを数個試させていただいて、RSPの次の日の肌調子のあまりの変貌に「効くサプリメントっていうのは真剣に効くのか!!恐ろしいな!!と感じたのです。

何故「美容系サプリメント」を信用できなかったのか

個人の感想とはいえ「肌の感じが全然違う!」という感想がたくさん出ているのにどうしてこれを全く信じることができなかったのか。

それは、やっぱり口から摂取して表面に効果が出るものって、何が原因でそういった効果が出ているのかわかりずらい。というのがひとつだと思います。

他にも、美容系サプリメントを飲んでるって公言する人はあんまりいないから「実際の知人から効果があるという話を聞いたことがない」とか「あの感想も自作自演やサクラのものなんじゃないのか」って疑う気持ちがわいてしまうからだと思うんですよね。

カルシウムで骨が丈夫になる。ビタミンで風邪を引きにくくできる。
では、コラーゲンは?

そのあたりをもっとしっかり理解できていれば信憑性もだいぶ違ったのかなー?と思います。

コラーゲンは何をしてくれるの?

学校で栄養素として「コラーゲン」とはあまり覚えないかもしれませんね。
コラーゲンはアミノ酸などと同じく、タンパク質の一種です。

皮膚や骨・軟骨を構成する物質としてなくてはならないタンパク質となっているので、正しい分量を摂取することによって皮膚・・・肌などをしっかりと構成してくれるのですね。
なので、肌調子がよくなり、生き返るのです。

おおよそのコラーゲン系美容食品はコラーゲンの他にプラセンタやヒアルロン酸など相乗効果のある成分をふんだんに含むように作られています。

今回試させていただいたヴィーナスコラーゲンにも相乗効果のある成分がたっぷり含まれているようです。

コラーゲンをとりすぎると良くないって聞いたけど・・・

コラーゲンを摂取しても体内のコラーゲンが増えるとは限らないとい話はとても有名です。

今回ではなく、違う方にお話を伺ったことがあるのですが「タンパク質系の栄養を謳う健康食品は例えばコラーゲンそのものが栄養として含まれているのではなく、体内の必要な場所でコラーゲンと同じ形に再構築できる更に小さい粒子が含まれている」とのことでした。そうでないと栄養素を取り込むことができないのですって。
だから普段の生活で取り入れるのがなかなか難しいのですね・・・!

他に、コラーゲンを効果的に摂取するためにはビタミンが必要になるので、結果的にビタミンなども多く含まれたサプリメントになるのがほとんどだそう。

ヴィーナスコラーゲンも例にもれず。

先の説明をしっかり聞いていれば、なるほどな~。と思える成分表示なのです。

飲むだけでいいなら、ちょっと試してみたいなって思っちゃいますよね。
想像以上に簡単に始められて良いと思います(^^)

#RSP67 #サンプル百貨店 #アルフレッサヘルスケア #ヴィーナスコラーゲン

よろしければ応援お願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


がんばる主婦ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

-広告-