株式会社フレージュのセミナーに行ってきました!

新聞・雑誌広告やTVCMを媒体に便秘に効くと噂のお茶や化粧品の販売を行っている「株式会社フレージュ」の商品説明セミナーに行ってまいりました。
なんとセミナーには代表取締役である相良社長が登壇され、後に講義をされた広告代理店の方が「商品について話せることがもうない」というほど詳細な説明をしてくださいました。

便秘対策に有名なお茶や首いぼのとれる商品の説明以上に、「株式会社フレージュ」という会社があまりに濃くて面白かったので忘れないうちにご紹介させていただきたいと思います。

ちなみに、今日覚えて帰っていただく商品は株式会社フレージュさんの「美爽煌茶」と「ぽろぽろとれる杏ジェル」の2点です!

美爽煌茶
腸をキレイにしてくれる「美爽煌茶」

杏ジェル
これ以上、首のイボ・ザラザラを増やさない!「ぽろぽろとれる杏ジェル」

ふれあいのフレージュ

相良社長のお話をお伺いして「とにかく社員もお客様も商品も大好きなんだなぁ・・・!」ということがものすごく伝わってきました。
そして 何よりも あつい。

フレージュは通販なのに超フレンドリー

「人を喜ばせるのが大好きなんですよ!」
常にお客様と両想いになりたい!と常に想い続けているというフレージュは創立11年。
顧客と会社のキャッチボールを密に商品開発も行っているといいます。

フレージュはお客様に会いに行きます!

「商品の感触を知るには直接会ってお話を聞くのが一番です。
どんなに長電話をしても出てこない「お客様の本音」が実際に会って話をすると早い段階でポロっと出てきたりするものなんです」

人に会わなくて済むからネット通販を使う身としては「こんな恐ろしい会社があるのか!」とびっくり仰天してしまったのですが、この会社の商品は「消耗品を買う」ことが目的の人はいないと思うので、よほど効果があって喜んでいるかよほどがっかりしすぎて怒りを感じている人・・・「フレージュの社員に直接会ってなんか言いたい人」で溢れているんだろう、と勝手に思ったんですが。

「新人はお客様に会いに行くきまりになっています」
社員の高橋さんも自分が最初に「行かされた」お客様の話をしてくださいました。
「最初はそこまでするの・・・?と思ってたんですけど、初対面いきなり両手を握られて涙ながらにお礼を言われて、びっくりしたと同時にこんなに必要とされているんだ!という実感を持ちました」
詳細を聞いていくと、私も想像以上すぎて「すごいな・・・!(語彙力喪失)」という感想しか出ませんでした。

フレージュのコールセンターはお客様によりそいます

「よりそうって、いいなりっていうことではないんですよ」

お客様と直接やりとりをしてくれる全国6か所のコールセンターに必ず毎月足を運んでいるという相良社長。

「コールセンターはゴールまでの案内役ですから、お客様がくじけそうになっていても励まして目標達成のお手伝いをさせていただきます!」

それって効かないからやめたい人を引き留めるってこと?と思ったのですが、どうやらそういう話ではなさそう。
便秘に関する悩みを1時間くらいコールセンターの人に話して「話を聞いてもらったから買うわ・・・」と美爽煌茶を飲み始めてヘビーユーザーになった方もいるとか。

「しっかりとお客様のお悩みを聞いて、商品知識から光を見せます。フレージュは某テニスプレーヤーのように暑苦しい会社です!」

私には商品よりも社長の後ろに光が見えますよ・・・!

こだわりのフレージュ

うちの会社から販売している商品は9点です。
商品開発は常に行っていますが、いい加減な商品は世に出したくないので。
商品を絞っているんですよ。

と社長は仰っていましたが、私個人の雑感としては「そこまでやってて新製品の開発難しいんじゃないの?」という既存商品への「こだわり」が強く感じられました。

フレージュは商品ユーザビリティがめちゃめちゃ高い

いくら「よく効く」と評判が高くても、「お茶」と思うと決して安くない買い物を「お友達に勧めたくて・・・!」と顧客に次々と言わせる商品を開発している株式会社フレージュ。

セミナーのお話し中に「お客様が仰ったので」「顧客の○○さんいわく」「○○さん(客)が」という言葉が何回出てきたのか、最後に「しまった、数えておけばよかったー!」と思うほど出てきたんですが、お客様からでてきた引き出しがめっちゃ多い。多すぎです。

なんか前回と微妙に味が違う」という言葉から日本で3本の指に入る茶師の方に1ロットずつお茶の配合を調整してもらえるように頼み込んだり
リンツリンドールでも専属の職人が1ロットずつカカオの選定をしていますが、配合って更に手間かかりますよね・・・。

たまーに梱包が開けづらいことがある」という言葉から印刷会社にかけあって包装を見直してもらったり

煮だして使いたい」人のためにパックの紐を超音波接着にして紐ごと煮出せる設計にしたり

私の分をお友達に分けてあげたの」という声から2回目以降注文の方に「お渡し用」のお茶サンプルセットを同梱するようにしたり←この話本当にすごい

社員十数名の会社で対応するにはひとつの商品への改善がすごく細かい・・・!
今日も「お客様の声」に対応しながら新製品を考えているんじゃないでしょうか。

梱包材の底に印刷された全社員のシルエット。

フレージュは商品審査がとても厳しい

フレージュは顧客モニターから70%以上の賛成を得られなければ商品化しません。

社内決定ではなく顧客決定というところがなんとも「ふれあいのフレージュ」っぽいなぁ。と思わせてくれるのですが。

「よりそい=いいなりではない」のは顧客サイドも同じなのかなぁ?と感じました。
ここはお客様から多数意見がよせられているけど、効果を考えたら改善できなくて・・・というニュアンスの言葉が数回出たことからも窺えました。
本当に「そこまで?!」というくらい細かくお客様の声を拾い上げていました。

その分、顧客からの営業サポートも熱くて、「お客様から新規のお客様に宛てた手紙」なども存在しているようです。
既に買った人に対する利用者のレビュー!!!?
私の知らなかった通販の世界がそこにありました。

おせっかいのフレージュ

もう「ふれあい」部分と「こだわり」部分でお客様含めてフレージュがどれだけおせっかいかっていうことが伝わってると思うので、セミナー終了後の一幕をご紹介します。

セミナー終了後に相良社長とお話しできる機会があったので、私の母が便秘が原因で救急車を呼んだ話を思い出しました(笑)ということをお伝えしたんですね。

便が固いけど上手にいきめなくて(おそらく加齢で腹筋が弱まっているのでしょう)下腹部の痛みにパニックを起こして過呼吸に陥ってしまい、顔面蒼白で体も冷え、息も絶え絶えに汗を流していたので父親に促されて救急車を呼んだそうなんです。
救急隊員の方は症状を見て慣れた様子ですぐに対応・処置方法を教えてくれて病院に行ったりせずには済んだということなので意外と日常茶飯事に起こる可能性が高いんですね。便秘で倒れて救急車・・・。
おかげで今は「付き合い方を覚えたから大丈夫」とは言っていて、もう救急車を呼んだりしないように、でも何かの時には救急車呼んでね・・・って矛盾したお願いをしましたよ。

便秘には気を付けないといけませんね~。
と締めようと思ったんですが。

社長は真剣に話を聞いてくれただけでなく「お茶ってまだあるの?!」と撮影用に展示してあった「お渡し用」のお茶を「お母様にこれを・・・!」と私に渡し、再度お茶の効果的な飲み方をレクチャーしてくださいました。

帰りにモニターレビュー用のお茶をいただいたのでこれを母と分け分けすればよかったのでは・・・?と思ったのですが(高橋さんも「お土産商品ここですよ」って言っていたので多分そう思ってたんだと思う)、社長はうちの母という便秘で生活に不便している見たことも会ったこともない人を放っておけなかったんですね・・・!!

元々は高校教師だったんですよ~。
と、はにかみながらお話ししていた相良社長は本当にかわいらしくて素敵な女性でした。
でも、教師の後に転職して、起業して11年ってことは・・・。
えっ?すごくお若く見えるけど私より年上なの?!?!?!
自社製品の効果の賜物???
このびっくりを誰かと共有したい・・・お写真いただけばよかった~!!

今日にでも母にお茶を届けようと思います!(使命・・・!)

フレージュの主力商品はこちら

株式会社フレージュの商品に対する気持ちは「本物」だと、少なくとも私はものすごく感じました。

今回ご紹介いただいた主力商品のうち2つに関してはまた後で記事にしていきますが、
(9商品すべてが主力なわけなんですが)
株式会社フレージュ、気になる・・・!と思ってくださった方は下記の商品ページを見れば株式会社フレージュの「熱さ」を感じることができるんじゃないかなー?と思います。

美爽煌茶
腸をキレイにしてくれる「美爽煌茶」

杏ジェル
これ以上、首のイボ・ザラザラを増やさない!「ぽろぽろとれる杏ジェル」

とにかく「ファンの多い会社」です。間違いありません。
今回ご紹介いただいたのが「ファンのおばちゃん」がとても多かったので、お茶ページの「601人の自社モニター」さん達の濃さも間違いないんだろうなと思います。