忘年会シーズンは財布の中に胃腸薬を入れておこう!

財布の中に用意しておきたいもの。人によってさまざまだと思うのですが、30代後半になった頃に「飲み会の時にこれが入っていると便利だな」と思ったものが「酔い止め」と「胃腸薬」です。
できれば使い切りの顆粒のタイプがいいですね。
何故なら錠剤やカプセルだと財布の中で「破損」して財布の中が粉だらけになってしまったり思わぬハプニングが起こるからです。顆粒は袋さえ破れなければ強い!!

今回のRSP64でプレゼンしていただいたシオノギ製薬さんの「ベチリーム酵素」も顆粒のお薬でした♪

箱も普通の薬っぽいものと、ちょっとおしゃれっぽいものとありますね。
これなら女子も薬局で買うのに抵抗がなくていいですね。

胃と腸にしっかり効く天然由来消化酵素配合の胃腸薬

プレゼンの内容的はお薬の成分や、こういった時に飲むといいといったものでした。

満腹・胃もたれ・消化不良・胸つかえ・食べ過ぎ・食欲不振・・・
胃腸に関する内臓系トラブルですね。

人間、年齢とともに消化する力が弱くなってきますので「無理をしてしまった」と思ったら強がらずにお薬に頼ることも大事だと思います・・・。

次の食事も美味しく食べたいと思う人のために、胃腸薬。

さて、冒頭で「財布に入れておいたほうがいいもの」に胃腸薬を入れておくという話ですが。

実は私、周囲の人に言わせるとお酒が強いらしいんです・・・(石を投げないでください)

でも、みんな同じくらい食べたり飲んだりできるわけではないし、会社の飲み会やネットのオフ会などは年齢も環境も違った人たちが集まってお食事をするので、ペースはバラバラのはずなのにみんな同じように食事しようとしたり、酔って調子に乗って食べ過ぎちゃったりするケースが多いんですよね。「一気飲み」ならぬ「一気食い」というのを見たことがあります。

そんなことをしていると、だいたい1~2人くらい気持ち悪くなってしまったり。

飲み会の時に胃腸薬なんか持っていると「お前どんだけ食うつもりで来たんだよ」って思われるかもしれない・・・と思うかもしれませんが、自分のためだけに持っているわけではありません。
無茶してるな~と思う人がいるときにはちょっと声をかけて途中で一緒に飲んでおくようにしてました。(相手だけに飲ませようとすると怒られちゃうので)

もちろん、ランチビュッフェなどにいって食べ過ぎた時にも帰り際に飲んでおくだけでも後が全然違う!これは自分のためですね♪

無理をしないことがもちろん大事

「腹八分目」という言葉があります。
もちろん、料理はおいしく適量いただくのが一番です。

でも、なかなかできないこともあるでしょう。

現在、10月31日までベチリーム酵素の公式サイトでサンプルの配布を行っているようです。

ベチリーム酵素
http://www.shionogi-hc.co.jp/berizym-kouso/

忘年会シーズンにこそっと財布に入れておくといいかもしれませんね。
あと、お正月の親戚づきあいにも意外と使えます。

お世話にならないほうがもちろんいいに決まっていますけどね(^^;

#RSP64 #サンプル百貨店 #シオノギヘルスケア #ベリチーム酵素

よろしければ応援お願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


がんばる主婦ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

-広告-